2014年08月28日

メリットよりもデメリットの方が・・・。

県庁前の小須戸・三条線の新しい交差点が出来ました。短い区間に幾つもの交差点というのはいいのですが、県道1号線でしたっけ?このみちにそれは合っているのかが分かりませんし意義が見出せません。

千歳大橋〜女池インターの内野・亀田線にぶつけるのかな?果たしてそのバイパスって必要なのか?笹出線と紫鳥線だけではダメなのか?と疑問ばかり浮かびます。

これにより、県道1号と並行して走る裏道に大きな交差点が出来たため、年寄りや子供たちが危険な目に遭うことは簡単に想像できます。生活道路が危険となると、そこにも信号機が出来そうですし、暮らしにくくなってしまいそうと勝手に思います。交差点作るなら、ほかの交差点を無くすくらいの覚悟がいるんじゃないでしょうか。大体ひとを一番に考えていないですよね。さすが車社会新潟です。

P8281514.JPG
posted by 事務局 at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | みち
この記事へのコメント
ここは中越通運の出入口として必要ですね(^^;)。ところでここの道路は一番先進的な路面標示になっていますね。幅広の矢羽が車道外側線をまたいでひいてあります。今度紹介したいですね。
Posted by matsuoda at 2014年09月06日 09:41
matsuodaさま

矢羽がありましたか。今度確認しますね。
幅広というと1mクラスですかね。
Posted by 事務局 at 2014年09月06日 16:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/102891151
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック